Чт. Сен 16th, 2021

Рубрика: 世界

バンコク、外国人旅行者受け入れ開始を10月15日に延期する見込み - アジアトラベルノート

バンコク、外国人旅行者受け入れ開始を10月15日に延期する見込み — アジアトラベルノート

タイ政府は、10月1日よりバンコクやチェンマイなど5都県を対象に外国人旅行者の受け入れを開始する予定でしたが、昨日、バンコクのアサウィン都知事とピパット観光・スポーツ大臣らが協議を行った結果、バンコクについては開始時期を2週間延期し10月15日とすることが明らかになっています。 スワンナプーム空港 まずは中心部の一部区のみ開放する案も計画されていましたが、隔離無しでの旅行者受け入れのための条件の一つとなっている都民70%以上のワクチン接種が難しいことなどから都知事が延期を要請したもの。 最終的には来週行なわれる新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)本会議後に決定されることになり、バンコク以外のチェンマイ(中心部など)、チョンブリー(パタヤなど)、プラチュアップキーリカン(ホアヒン)、ペッチャブリー(チャアム)の受け入れ時期や条件などについても明らかになる予定です。 Bangkok’s reopening to be postponed | Bangkok Postเคาะเปิด “กรุงเทพฯ แซนด์บอกซ์” รับนักท่องเที่ยวต่างชาติ 15 ตุลาคมนี้ | ประชาชาติธุรกิจ 前の記事プーケット・サンドボックス、利用者は3万人以上に これまでの陽性率は0.28%

豪州の原潜建造支援へ、米英と新たな安保枠組み-フランスは反発(Bloomberg) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース

豪州の原潜建造支援へ、米英と新たな安保枠組み-フランスは反発(Bloomberg) — Yahoo!ニュース — Yahoo!ニュース

(ブルームバーグ): オーストラリアは、米英両国とインド太平洋地域における新たな安全保障の枠組みで合意したのに伴い、原子力潜水艦の保有に向けて前進した。バイデン米政権は中国に対抗するため同盟国との協力を推進しているが、今回の合意はフランスとの関係悪化を招いている。 モリソン豪首相とバイデン大統領、ジョンソン英首相は15日、オンライン形式で開かれた会合で、3カ国の安全保障パートナーシップ「AUKUS」を発表した。オーストラリアはフランスのナバル・グループと2016年に潜水艦最大12隻の建造契約を結んでいたが、仏当局は今回の米英豪合意でこのプロジェクトは停止されたと表明した。 モリソン首相は、豪州への原子力潜水艦配備が同パートナーシップの最初のイニシアチブになると説明。最長1年半をかけて詳細を詰めた上で、米英との緊密な協力の下で豪アデレードで建造する方針を示した。 同首相は記者会見で、フランスの失望は理解できると述べた上で、「首相として豪州の安全保障上の利益にかなう決定を下さなければならない。フランスもそうするだろう」と語った。 フランスのルドリアン欧州・外務相とパルリ国防相は声明で、プログラム撤回の決定は「仏豪協力の精神と文言のいずれとも相いれない」とした上で、「一貫性に欠ける」と批判した。 新しい枠組みについて、米政府高官は中国や他国を標的にしたものではないと説明したが、中国がアジア太平洋地域で軍備や影響力を拡大していることが背景にある。合意の一環として3カ国はサイバーセキュリティーや人工知能(AI) といった他の国防措置でも協力を深める方針だ。 バイデン大統領は豪州に配備される原子力潜水艦について、通常兵器を装備するものになると述べた。モリソン首相は核兵器の保有を目指していないと強調した。 豪ローウィー国際政策研究所の研究ディレクター、エルベ・ルマユー氏は、原子力潜水艦の保有国は6カ国にすぎないためモリソン首相が交わした合意は重要だと指摘。「非常に明確なシグナルを送るものだ」とブルームバーグテレビジョンとのインタビューで述べた。「中国の存在なしでは、米国がこうした技術をオーストラリアと共有することは決してなかっただろう」と説明した。

中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで(JBpress) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース

中国が慄然、不良に恋した美人教師が連続誘拐殺人犯に堕ちるまで(JBpress) — Yahoo!ニュース — Yahoo!ニュース

■ 美人局の常習犯から殺人犯へ  2人は、恐喝によって生計を立てた。労がカラオケバーに勤め、お人好しで金を持っていそうな客を誘惑する。そこへ法が現れ、カネを脅し取るというやり方だ。  1996年のある日、労は熊という姓の「上客」の男を掴んだ。そこで、自宅のアパートに熊を誘い込んだ。そこへいつものように法が現れたが、法は凶器で熊を殺してしまった。そして熊の身分証と自宅のカギを奪い取り、法と労は、熊の自宅に向かった。  2人は熊の自宅へ上がり込むと、「夫を誘拐している」と言って熊の妻と3歳の娘を脅しつけ、自宅にあった現金20万元(約350万円)を奪う。そして、妻と3歳の娘もその場で殺してしまい、自宅のカネになりそうなものをすべて奪って逃走した。  1999年6月、法と労は、安徽省の省都・合肥に流れ着いた。2人は家賃500元(約8500円)のアパートを借り、さらにペット用の鉄格子の檻(おり)を、150元(約2500円)で買った。そしてまた、労がカラオケバーに勤め、「獲物」を物色し始めた。

【安全保障最前線】米軍アフガン撤退は“歴史的な英断”だ トランプ前米大統領の戦略に沿った決断…米国の国力の低下を避けるためにも不可避 - ZAKZAK

【安全保障最前線】米軍アフガン撤退は“歴史的な英断”だ トランプ前米大統領の戦略に沿った決断…米国の国力の低下を避けるためにも不可避 — ZAKZAK

記事詳細 【安全保障最前線】米軍アフガン撤退は“歴史的な英断”だ トランプ前米大統領の戦略に沿った決断…米国の国力の低下を避けるためにも不可避 (1/2ページ)  世界中のメディアは、ジョー・バイデン米大統領によるアフガニスタンからの米軍撤退を批判した。  ただ、米国の有名な調査機関ピュー・リサーチ・センターによると、政策としてのアフガン撤退に、米国民の賛成は多数(賛成54%、反対42%)で、撤退の仕方には反対が多数(賛成27%、反対42%)だ。  イスラム原理主義勢力「タリバン」の攻撃に対し、米国情報機関の予想以上に、アフガン国軍の崩壊とカブール陥落が早く、在アフガン米国人などの救出作戦が混沌(こんとん)とした状態で行われたことが批判の対象になった結果だ。  私はバイデン氏の決断は正しかったと思っている。その理由は、以下の通りだ。  第1に、アフガン撤退は、ドナルド・トランプ前米大統領が発表した「2017国家安全保障戦略(=トランプNSS)」に沿った決断だった。トランプNSSの最も優れた点は、米国が20年近く重視してきた「グローバルなテロリズムの脅威」ではなく、「中国やロシアの脅威」への対処を重視するという歴史的な転換を表明したことだ。  米国が本格的に中国とロシアに対処することは、日本の安全保障にとっても大きなプラスになることを理解すべきだ。  第2に、バイデン氏は、いわゆる「永遠に続く泥沼の戦争」に終止符を打った。彼は「アフガン軍が自ら戦おうとしない戦争で、米軍が戦うことはできない。それは米国の利益ではないし、米国民が求めていることでもない。米軍撤収を通じて戦争を終わらせることにしたのは正しい決定であり、私は後悔しない」と述べているが、適切な発言だ。 PR 関連ニュース

ノーベル平和賞の国で虐殺が…80民族の国家、理想の果てに - 朝日新聞デジタル

ノーベル平和賞の国で虐殺が…80民族の国家、理想の果てに — 朝日新聞デジタル

 エチオピア北部ティグライ州西部の町マイカドラ。黒こげになった自宅跡に目をやりながら、アゲレイ・モゲスさん(28)は声を絞り出した。  「もうティグライ人に良い感情を抱くことはできない」  昨年11月、町はティグライ人の武装集団に襲撃された。アゲレイさんは元兵士の夫を自身と娘(7)の前で殺され、自宅を焼かれた。  アゲレイさんと夫は州内で少数派のアムハラ人。2度にわたる計2時間あまりの取材中、私と一度も目を合わせることがなかった。悲惨な体験のせいで他人の目を見られなくなったのだろうか。終始うつむきながら、「夫も財産も何もかも失った」「この地を離れたくても行くあてもない」と力なく語った。 ワールドインサイト 世界各地に根を張る特派員が、歩いて、見て、聞いて、考えました。ひと味違う視点で国際ニュースを切り取ります。ニュースレター「ワールドインサイト」は、有料会員の方にオリジナル記事をメールで先行してお届けします。  3月、私はエチオピア北部に入った。政府軍と、地元のティグライ人らで構成される政党ティグライ人民解放戦線(TPLF)との間で昨年11月に始まった紛争の現場を取材するためだった。エチオピアは人口1億1千万人超とアフリカ第2の大国である一方、工業化が急速に進んでおり、世界銀行によると2010年代の国内総生産(GDP)成長率は平均9・4%と堅調な成長を続けてきた。アビー首相は隣国エリトリアとの関係改善などを評価されて19年にノーベル平和賞を受賞したばかりでもある。そんな国で武力衝突が起きたのはなぜか、確かめたかった。 一軒ずつ確かめ歩く武装集団  マイカドラは首都アディスアベバから北西に約600キロだが、隣国スーダンの国境までは10キロに満たない。政府軍とTPLFとの間で衝突が始まった直後、TPLFの民兵と連れだった武装したティグライ人の若者グループがアムハラ人を中心に約600人を虐殺したとされる。虐殺を逃れてスーダンに逃げた住民も多い。  住民らによると、武装集団は町内の家に一軒一軒押し入り、身分証明書や話す言葉などからアムハラ人だと確認した人々を次々に殺害したとされる。特定の民族を狙った虐殺だった。政府軍がマイカドラ近くまで迫っていたことなどから、撤退間際の組織的な報復だった可能性を指摘する人もいた。  この出来事は長年ともに暮ら… この記事は有料会員記事です。残り2492文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

情緒不安定のトランプが帰って来る、米誌が再出馬宣言報じる - JBpress

情緒不安定のトランプが帰って来る、米誌が再出馬宣言報じる — JBpress

ウッドワード氏は落選後の大統領言動を徹底調査、衝撃の新著 トランプ氏がいよいよ動き出した ギャラリーページへ ルビコン川渡ったトランプ氏  ドナルド・トランプ前大統領が24年の大統領選に立候補する意向を固めた!  特報したのは親トランプのフォックス・ニュースではなくリベラル系ニュースサイトの「サロン」(Salon)だ。  トランプ氏の信頼も厚い政治顧問のロジャー・ストーン氏が、トランプ氏から直接聞いたというのだ(ストーン氏は司法妨害罪、偽証罪で禁固刑を受けたが、トランプ氏の恩赦で無罪放免になっている)。 「私もトランプ氏の再出馬については半信半疑だった。だが話してみて彼が2024年の大統領選に出ると確信した。彼はすでにルビコン川を渡った」 「(大統領予備選が最初に行われる)アイオワ州、ジョージア州で遊説を始める。私も同行する」  再出馬説はストーン氏だけが打ち上げたわけではない。  2020年、トランプ陣営の選挙本部長だったジェイソン・ミラー氏も「トランプ氏は99%から100%立候補する」と明言している。 (https://www.salon.com/2021/09/14/is-trump-running-in-2024-key-allies-roger-stone-and-jason-miller-say-yes/)  愛妻のメラニア夫人は最近、複数の知人に「もう一度ファーストレディになるなんてまっぴらごめんだわ」と漏らした、とCNNが報じた。再出馬は、メラニア夫人の了解なしに決めたということになる。  メラニアさんは、トランプ氏が再起を期して2月に出席した「全米保守政治行動会議」にも、6月のノースカロライナ州での集会にも姿を見せなかった。  壇上に立ったトランプ氏は「メラニアが皆さんによろしくと言っていた」と述べるのみ。トランプ支持者にとっては「メラニア欠席」は織り込み済みになってきた。  娘のイバンカさんも最近では父とは距離を置いている。それでもトランプ氏がもう一度返り咲きを狙っている理由は何か。

全米騒然 なぜ米軍トップはトランプ大統領に内緒で中国の軍トップに2度も電話したのか?(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース

全米騒然 なぜ米軍トップはトランプ大統領に内緒で中国の軍トップに2度も電話したのか?(クーリエ・ジャポン) — Yahoo!ニュース — Yahoo!ニュース

最初の通話 最初の通話は、アメリカが攻撃に備えていると中国が信じているようだとの諜報がミリーの耳に入ったことがきっかけだった。 中国がそう信じるに至った根拠は南シナ海での軍事演習をめぐる緊張であり、その確信は中国に対するトランプの好戦的な発言によって深まったと著者らは述べている。 ミリーは李にこう伝えたという。 「李参謀長、アメリカ政府は大丈夫で、万事OKになることを私はあなたに約束したいのです。われわれはあなた方を攻撃したり、何らかの軍事行動を起こしたりはしません」 同書によれば、ミリーはアメリカが中国に攻撃をしかける場合には警告するとまで誓い、裏ルートをとおして築かれた信頼関係を強調したという。 「李参謀長、知り合ってからもう5年になりますね。私たちが攻撃を仕掛けるなら、前もってご連絡します。奇襲にはなりませんよ」 李はミリーの言うことを信用したと著者らは本書で述べている。

ペットのハトに年間60万円以上費やす英女性 「彼らは特別な存在」 - ライブドアニュース - livedoor

ペットのハトに年間60万円以上費やす英女性 「彼らは特別な存在」 — ライブドアニュース — livedoor

ペットを愛するあまり、高価な食事や服を用意する飼い主がいる。しかしイギリス在住のある女性は、保護したハトに最高の生活をさせるため年間4000ポンド(約60万5000円)以上を費やしているという。『The Mirror』などが伝えている。 【この記事の他の写真を見る】 英リンカンシャーのラウスに暮らすメギー・ジョンソンさん(Meggy Johnson、23)は、捨てられていたハトの雛2羽をペットとして飼っている。彼女はハトに“スカイ(Sky)”“ムース(Moose)”と名づけ、6週間もチューブを使ってエサを与え続けた。すると普通のペットと同じように懐くようになったそうだ。 スカイとムースはペット用品店を営むメギーさんから誕生日プレゼントやぬいぐるみを与えてもらい、さらには2台の鳥カゴがついた特別なベビーカーで外を散歩するなど“贅沢な生活”を送っているという。 メギーさんはスカイやムースとの生活について、このように明かした。 「彼らには専用の寝室があって、小さな止まり木、おもちゃ、クローゼットなど全て揃っています。彼らはとてもおしゃれで、クローゼットの中には1着30ポンド(約4500円)前後の服が17着ほどあります。それを着るとかっこいいだけでなく、糞をキャッチして家を清潔に保つことができるので実用的でもあるのです。」 これらの服にはリードがついており、ハトを肩に乗せて日光浴するのが好きだというメギーさんは庭に連れ出して新鮮な空気を吸ったり、ベビーカーに乗せて散歩にも出かけるそうだ。 ハトに愛情を注ぎ続けているメギーさんは「月に300〜400ポンド(約4万5000〜6万円)は使っていると思います。でも本当はもっと多いかもしれません。誕生日や保護記念日には他の家族と同じようにプレゼントをたくさん用意してお祝いしますから」と明かす。 2016年に今は亡き愛犬ピッパが散歩中、生け垣に巣があることを知らせてくれたことがきっかけで鳥を愛するようになったというメギーさんは、当時のことをこう振り返っている。 「そこにはハトの雛が2羽いて、1羽は死んでいました。私は生きている雛を拾ってコートの中に入れて連れて帰りました。野生動物保護センターに問い合わせてアドバイスをもらい、弱っていた雛の命を救うことができたのです。それ以来、ハトの救助活動を続けています。」 現在2歳になるスカイを保護したのは2019年9月で、ある男性が捨てられていた雛を彼女のペット用品店に持ち込んだそうだ。また今年5月には「目が片方しかない雛鳥を発見した」という連絡を受け、生後5か月のムースを保護した。 メギーさんは「自然の摂理に従うべきという人もいますが、私はすべての動物にチャンスを与えるべきだと思います。ムースは生まれつき目にハンデがありますがその原因は分かっておらず、外を飛ぶのは安全ではありません。獲物を狙っている他の鳥に簡単に捕まえられてしまいますから」と語る。 そんな心優しいメギーさんは、自身のペット用品店でも保護されたハト2羽の世話をしている。スカイやムースと同じように甘やかされて育った“クリー(Clee)”と“スノーウィー(Snowy)”は、たくさんのぬいぐるみやおもちゃがあるテントで寝ているそうで、この2羽のハトについてこのように明かした。 「現在生後18か月のクリーを見つけた時は、生後12週目くらいの赤ちゃんでした。『家の壁と車庫の間に挟まっている鳥を見つけた』とある人から連絡があって保護しましたが、ゴルフボールほどの大きさの膿んだしこりがあって、獣医によるとネズミに噛まれたのではないかとのことでした。クリーには抗生物質、鎮痛剤などの投与を受け、数週間後には良くなりましたが、この怪我のために飛ぶことができなくなってしまったんです。」 「同じく生後18か月のスノーウィーは神経系の病気でバランスが非常に悪く、6か月間自分で食べたり飲んだりすることができませんでした。脳の損傷のため自ら飛ぶこともできません。スノーウィーは病院の駐車場で発見された野良鳩でした。よくわかりませんが病気に感染するリスクもあったし、車に轢かれたのかもしれません。今では自分で食べたり飲んだりできるようになりましたが、何度かこの子を失うかもしれないと思ったので驚いています。」 メギーさんはハトに対するネガティブな固定観念を変え、本来は知的で優しい鳥であり、ペットとしても最適で生きるチャンスを与えられるに値することを伝えたいとして、以下のように述べている。 「ハトのことを『ew pigeon(きもいハト)』『fying…